592.jpg

​ONLINE STORE

オンラインストア

​スリランカ産地別の紅茶

インド洋にぽっかりと浮かぶ島・スリランカ。

​そこはかつてセイロンと呼ばれていたことから、スリランカ産の紅茶は今でもセイロンティーと呼ばれています。標高差・季節風の影響などにより、7つの産地に分かれており、それぞれ特徴が際立っています。

​ヌワラエリヤ

​NuwaraEliya

スリランカの最高峰。若々しく、グリニッシュ。レモンのような柑橘系の香り。

​ウダプッセラワ

​UdaPussellawa

​まるで花束の中に顔をうずめているかのようなフラワリーさ。ローズのようなニュアンス。

ウバ

​Uva

​世界三大銘茶のひとつ。7-9月のクオリティーシーズンを迎えると爽やかなメントール系に。

​ディンブラ

​Dimbula

熟した果実のような奥深さ。ウッディーなコク。ストレート、ミルク、アイスティーに万能。

​キャンディー

​Kandy

​水色が美しく、クセの無い紅茶。渋みが少なく、あんずのようなフルーティーな甘み。

​サバラガムワ

Sabaragamuwa

シンハラージャの肥沃な大地から生み出され、ハチミツに包まれたような甘みとコク。

​ルフナ

​Ruhuna

​水色はかなり濃く、アメリカンコーヒーのような香ばしさとほろ苦さが楽しめる逸品。

飲み方で選ぶ紅茶

それぞれの産地別に味わいを分類してみました。

実際には、同じ葉でも収穫の時期や茶園によって複雑な味の変化が楽しめるのが紅茶の魅力です。オリジナルブレンドティーや季節の紅茶なども取り扱っておりますのでぜひショップページをご覧ください。

​ミルクティー向き

​すっきりした味わい

​こくのある味わい

ストレートティー向き

​ヌワラエリヤ

ウダプッセラワ

ウバ

ディンブラ

キャンディー

​サバラガムワ

ルフナ

DSCF8746.JPG
アセット 1.png
  • MITSUTEA Instagram
  • MITSUTEA facebook
  • MITSUTEA Twitter

スリランカの紅茶専門店 セイロンティー | MITSUTEA | 

〒231-0868 神奈川県横浜市中区石川町2丁目69 メゾンリブレ 1F

HOME   ABOUT   TEA STORY   ONLINE STORE   ACCESS   CONTACT US

特定商取引法に関する表記​

photo©**************

     © 2021 MITSUTEA