スリランカの新聞記事を読んでいて、【働きたい人が250人待ちの茶園】とあり、労働者不足のなか、そんな茶園があることに驚き、どんな魅力があるのか?訪問してきました。

 

スリランカで、初めて「美味しい!」と思ったオーガニックの紅茶。ウバ地区 アンバ茶園より。

 

大規模工場に頼るのではなく、自分たちで価値のある紅茶を、小規模でも作り続ける茶園。

何トンも作り出せる工場が多いなか、一か月たったの30キロしか作れない。それでも世界の名だたる紅茶メーカーが指名買い。入荷するまで何カ月も待たねば手に入らない、今では幻の希少な紅茶。自分たちの製茶の機械は、自分たちの手作り。これからのスリランカの紅茶の世界を、見せてくれる茶園。

 

発起人は、さまざまな国籍の4名が中心。志(こころざし)高く、いかにして持続可能で世界中を魅了するような紅茶を作り続けていけるか、を模索しながら、実現している。ここでは、収支にかかわらず、売り上げの10%をすべて労働者に還元している。

 

代表ミツは、ツアーで皆様を何度もご案内し、ハンドロール体験しました。大型バスから、小型バスに乗り換え、さらに三輪車でないと行けない、山の奥の奥でしたが、参加のお客様からは、最高の評価。  

 

■ティーwithフラワー 16g

オーガニックで育てた茶の木。「一芯一葉」。芯芽が多く含まれる茶葉を職人が手揉みで作った紅茶。さらに希少なゴールドイエローのお茶の花をブレンド。蜂蜜やアーモンドのような香り、手もみの繊細な風味が漂う、唯一無二の紅茶。二煎目もお楽しみいただけます。

 

■スムースチャイ 16g

AMBA茶園の中でオーガニックで育てたスパイスを、現地でオリジナルブレンド。その力強いアロマに圧倒されます。ストレートでスパイスティーとしても。

 

 

■ストレート向き 

 

 

AMBA茶園 茶の花入り オーガニック紅茶 ハンドロールティーwithフラワーと、スムースチャイ(各16g)のセット

¥1,800価格
  • ●熱湯

    150cc

    (ティーカップに1杯)

    ●茶葉 

    2.0g

    ●蒸らし時間 4分

     二煎目もお楽しみいただけます。

     水出しアイスティーとしてなら、300ccの水に茶葉3gを入れて冷蔵庫で2時間30分抽出。フラワーが浮き、芳醇な香りに。

     


     

  • ●熱湯

    150cc

    (ティーカップに1杯)

    ●茶葉 

    2.0g

    ●蒸らし時間 4分

     二煎目もお楽しみいただけます。

  • Grey Facebook Icon
  • Grey Instagram Icon
  • Twitterの社会のアイコン

© 2020 MITSUTEA  photo©2019 Tea Time

特定商取引法に関する表記