深みのあるメロウなボディーに、ローズのようなニュアンス 
 554 スリランカ・ウダプッセラワ紅茶 アルマ茶園 OP

 

ウダプッセラワとは…

 

スリランカの東部。ウバ、ヌワラエリヤ、キャンディーに隣接する地域で、 標高950m~1600mのミディアムグロウンから主にハイグロウンにかけて広がる。

 

かつて大部分がウバに属していたが、新たにウダプッセラワとして一つの産地となった。 

 

特徴は、スリランカで唯一年に2回のクオリティーシーズンがあること。7-9月にかけては、山脈の東側斜面に位置するウバと同じくシーズンを迎え、ウバのような爽やかなアロマが感じられることもしばしば。12-3月にかけてはヌワラエリヤやディンブラと同じくシーズンを迎える。 

 

ヌワラエリヤよりも少し標高が下がるウダプッセラワは、年間を通じて雨が多く、霧に覆われていた地域でもあることから、水色はヌワラエリヤよりも少し濃く、そしてピンクがかっていることも。

 

 深みのあるメロウなボディー  ローズのようなニュアンス 

 

濃密でメロウなボディーに、花束のなかに顔をうずめているかのようなフラワリーさ。 ローズのような風味が見え隠れ。穏やかな紅茶で、飽きのこない味わい深さが魅力の一つ。また、うまみ成分を感じさせるような奥行きのある紅茶。

 

:茶葉は予告なく、新茶に切り替わることがございます。 あらかじめ、ご了承くださいませ。

 

■■■ こちらの紅茶を、ぐんとお得に購入するならこちら 

554 ウダプッセラワ紅茶 50g

¥1,200価格
  • ●熱湯

    300cc

    (ティーカップに2杯)

    ●茶葉 

    大さじ1+1/3杯

    (4.5g)

    ●蒸らし時間  3分30秒

     
     

  • Grey Facebook Icon
  • Grey Instagram Icon
  • Twitterの社会のアイコン

© 2023 by MITSUTEA